プロフェッショナル・ネットワーク  一般社団法人「不動産実務交流ラボ」

私たちは「不動産実務者」の交流・研鑽を通じて、社会貢献します。

尊重・共有・成長・成果そして社会貢献

不動産実務者(不動産会社勤務者)がお互いを尊重し、適宜情報を共有し、成長していき、勤務先に対する成果も実現していくネットワーク・研究グループでありたいと願っています。

 

(お客様・物件を)「とった」「とられた」

(物件仲介などで)「抜いた」「抜かれた」という消費者無視の競争

不動産情報弱者の個人(所有者・借主など)との不動産情報格差も大きく感じます。

 

不動産は生活に密着している反面、価値・価格も大きい上に閉鎖的な業界です。

それらの問題を良い方向に導きたい。

その近道が「不動産実務者(不動産会社勤務者)の交流」ではないかと考えました。

 

不動産業界は競争の側面の強い業界です。

しかし、お互いが切磋琢磨し、不動産実務の精度を各人が上げて、社会に貢献する

そんなグループを目指します。

 

理念・理想実現のため、スタート(法人設立)しました。

本理念に賛同していただける皆様のご指導ご鞭撻を受けながら、

法人として成長し3年後はNPO設立を考えております。

 

よろしくお願いいたします。

一般社団法人不動産実務交流ラボ

代表理事  宇野由佳

5月交流会への参加者